6 月のゆりの展示会

株式会社中村農園

レポート・球根情報



IFEX2010 ご報告と御礼(2010/11/1)

JBFブース関係者の皆様
 
 
 
 
 
 
 

2010年11月1日
JFTA・(社)日本花き球根輸出入協会
会長 中村裕司

ご報告と御礼

 秋冷の候、皆様ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
今般のIFEX におけるJBFブース展示に際しましては、会員を始め多くの皆様方に多大なご協力を賜りまして誠にありがとうございました。おかげさまで、大勢のお客様が私たちのブースを訪問して下さり、様々な提案と感動を伝えられたものと存じます。来日したIBCのアンネディレクターも大変満足しておられました。 とりわけ、
①高品質な国産の多くのユリの切花を展示できたこと。
②様々な球根そのものや球根の楽しみ方、販売の仕方を提案できたこと。
③花き生産協(生産者団体)、IBC(プロモーション機関)、JFTA(球根輸入業者)が初めて共同して同一ブースを持てたこと。
④JFTA会員、生産協の皆様方が積極的な接客に努め、ブースに一体感と活気があったこと。
等々を評価していただき、(手前味噌ですが)IFEXの中でも注目のブースのひとつだったと思います。
また、31日にはIBCとJFTAのワーキング・ディナーがあり、ヤンさん並びにアンネさんから
①来年のIBCの対日予算は今年とほぼ同額確保され、ユリの切花プロモーション用予算も同等であること。
②いわゆるスカンジナビア方式の賦課金の徴収を2011年南半球産から始め、それを活用したユリの切花プロモーションを2012年1月から開始すること。
が発表されました。
IBC東京のレンさんからは、JFTAからもプロモーションに役立つアイデアをどんどん提案して欲しいとの要望も有りました。
私たちや生産者、花産業を取り巻く環境はますます厳しさを増しておりますが、私たちは切磋琢磨しつつ、同時に、力を合わせて諸問題の解決や改善、消費の拡大等に努めて参りたいと存じますので今後ともよろしくお願い致します。
以上、ご報告申し上げ、改めてレンさん、千恵夫人を始め、ご協力を頂きました皆様方に心より厚く御礼申しあげます。

敬具